Last update on 2006/6/20

学科ホームページ

学科長メッセージ

アドミッションポリシー

教育プログラム

教職員一覧

教職員のオフィス

研究グループ

運営システム

受験生の皆様へ(2001年度リーフレット)

電子情報系3学科のページ

教官公募

工学部のホームページ

平成18年度大学電気工学教育研究集会および大学電気教員協議会のご案内

 本年度は山形大学工学部が幹事大学として昨年度幹事大学の室蘭工業大学より事務を引き継がせて頂きました。つきましては,恒例に従いまして標記研究集会を計画させて頂きましたので,ここにご案内申し上げます。

News
  • 最小催行人数に満たないため,見学会A「米沢コース」が中止となりました.見学会B,C,Dは催行されますので,この3つからお選びいただけますようお願いいたします.(2006/6/20)
  • 2006年5月30日に宿泊・交通のご案内,見学会のご案内等を郵送しました.お送りした資料のPDF版はこちら(7ページ,398kB).
  • 大学電気工学教育研究集会の詳細を記載しました.(2006/5/25)
  • 2006年4月25日に関係される方々へご案内を郵送いたしました.お送りした資料のPDF版はこちら(12ページ,350kB).

大学電気教員協議会行事日程(2006/5/30 更新)
参加費
  • 研究集会 無料(会員教室の年会費に含まれる)
  • 懇親会  1人 10,000円
  • 見学会  1人 6,000〜9,000円 程度

大学電気工学教育研究集会 討議要旨

第1分科会  工学系大学の導入教育と技術者教育
オーガナイザ:阿部健一氏(日本大学工学部教授)

 大学全入時代を迎え、入学する学生の質が大きく変化し、将来の目標をもって入学する学生が少なくなっている。初等・中等教育を受けているときに、自ら勉強する習慣のない学生、学習・勉学の意味が理解できていない学生、学ぶべき内容が減らされた2006年度からの学生に対し、受け入れた大学はどのように教育していくのか。高校生の延長にある初年次の学生に対し、教員はどう立ち向かうのか。初年次教育の中でも導入教育は、入学後の学ぶ姿勢、職業選択、生き方を決めていく上でも、重要な役割を果たすことになる。工学部における教育が技術者を養成するための教育であるとき、導入教育は学生自身が技術者への道をとろうとするための動機付けを与える機会となる。すでに多くの大学で特色のある導入教育が展開されているが、ここでは、導入教育に実績のある事例を参考にしながら、導入教育が技術者教育に果たす役割を理解し、学生の現状への対応に向け、どうすれば教員の意識を改革できるかを考える機会としたい。

第2分科会 小中高校生への教育をとおした社会貢献
オーガナイザ:牧野正三氏(東北大学大学院工学研究科創造工学センター長)

 大学の機能の社会貢献の一つとして、大学の持つ人材による公共サービスがある。科学技術を標榜するわが国で、小中学校の生徒に対する理科への興味の喚起、高校生に対するものづくりや科学の面白さの周知を通して、工学部に進学する人材を確保することは極めて重要な問題である。ものづくりや科学の面白さを実感した学生は大学での勉学への熱意や理解も一層増すと期待される。子供たちの科学的探究心を涵養するために、地域の小中学生に対する科学教室、小中高の教員に対する理科教室などの活動を通して、大学が社会に貢献していくことは、これらの問題解決の一助となりうるものである。またサイエンスカフェやスーパーサイエンスハイスクールにおける高大連携をどのように進めていくべきかは喫緊の課題である。理科離れを防ぐという観点だけでなく、社会貢献、地域社会へのサービスとしての大学教員の果たす役割について考えることとしたい。

第3分科会 FDは教員をどのように変えることができたか?
オーガナイザ 中川清司氏(山形大学学術情報基盤センター長)

 現在大学を始めとする高等教育機関の存在意義が強く問われている。とくに少子化等の影響や2005年度の国立大学法人化に伴い、大学はいかに独自性を打ち出し、魅力的な教育サービスなどを提供できるか、いま、その真価が問われようとしている。さらには、地域における大学の存在意義や地域貢献が大きな課題になっている。その中で、教育活動を常に見直し、改善していくことは大学の本来の使命に直結する課題である。FD活動は、教育活動の改革を行うために必要不可欠なものである。教養教育・専門教育・大学院教育に関わるFD,連携大学間のFDなど各種のFD活動が展開されている。また、工学・技術分野に関しては、日本技術者教育認定制度(JABEE)の活動が展開され電気・電子・情報通信およびその関連分野では、平成18年4月時点で29プログラムが認定されている。 本分科会では、教員全員参加の形でPADCの教育点検や改善を進めている技術者教育の観点からFD活動を議論し、FDは教員をどのように変えることができたかを中心にFDの意義と効果を考えることとしたい。


宿泊・交通のご案内(2006/5/30 更新)

詳細および申し込みはPDFファイル必ずご確認ください


見学会(2006/5/30 更新)

詳細および申し込みはPDFファイル必ずご確認ください

  • 【A】「米沢コース」
    申し訳ありません最小催行人数に満たず中止となりました.

    お一人様 6,100円 (入場料・昼食代含む、飲み物別)
    ※昼食を米沢牛ステーキコースにされる方は プラス4,200円   

    各ホテル(8:30〜9:00)→八幡原工業団地(視察, 9:15〜10:00)→東光の酒 蔵(10:15〜10:45)→笹野一刀彫(11:00〜11:30)→上杉家御廟所(11:50〜12:20)→上杉神社上杉城史苑(昼食:芋煮膳, 12:30〜13:40)→米沢駅(14:42)→(つばさ118号)→東京駅(16:56)

    【みどころ】米沢市郊外にある八幡原工業団地を視察、昼食は山形名物・醤油味の芋煮をお楽しみ下さい。
     
  • 【B】「会津喜多方コース」
    お一人様 7,300円 (入場料・昼食代含む、飲み物別)

    各ホテル(8:00〜8:30)→Spansion Japan(株)(視察, 10:10〜11:00)→会津鶴ケ城(11:15〜12:00)→らーめん村やまと(昼食:喜多方ラーメン, 12:30〜13:20)→大和川酒造北方風土館(13:40〜14:20)→喜多方蔵の里(14:30〜15:00)→米沢駅(16:37)→(つばさ122号)→東京駅(18:56)

    【みどころ】フラッシュメモリーの製造で他社を圧倒しているAMD社と富士通(株)の共同設立会社「Spansion Japan」を視察します。昼食は名物・喜多方ラーメンを。
     
  • 【C】「山寺満喫コース」
    お一人様 8,700円 (入場料・昼食代含む、飲み物別)
    ※パッケージ商品をご利用の場合,帰りが山形駅乗車のため500円増しとなります.

    各ホテル(8:30〜9:00)→(株)山形富士通(視察, 10:10〜10:50)→山寺後藤美術館(11:20〜11:50)→山寺風雅の国(昼食:ミニ 懐石料理, 12:00〜13:00)→山寺立石寺(参拝, 13:10〜14:40)→山形駅(16:05)→(つばさ122号)→東京駅(18:56)

    【みどころ】HDD製造で世界最高レベルのナノテクノロジー「山形富士通」を視察し、余りの美しさに芭蕉も詠んだ「閑さや巌にしみ入蝉の声」でお馴染みの山寺を満喫します。
     
  • 【D】「山寺早まわりコース」
    お一人様 8,100円(入場料・昼食代含む、飲み物別)
    ※パッケージ商品をご利用の場合,帰りが山形駅乗車のため500円増しとなります.

    各ホテル(8:00〜8:30)→東北電力西山形変電所(視察 :27万V基幹変電所, 9:40〜10:20)→山寺立石寺(参拝, 10:50〜11:50)→山寺風雅の国(昼食:ミニ 懐石料理, 12:00〜13:00)→山形駅(14:05)→(つばさ118号)→東京駅(16:56)

    【みどころ】27万V基幹変電所である「東北電力西山形変電所」を視察後、山寺を参拝します。

連絡・お問い合わせ先

山形大学工学部電気電子工学科事務室内
大学電気教員協議会事務局 古畑智美

〒992-8510 山形県米沢市城南4-3-16
TEL:0238-26-3730, FAX:0238-26-3299
E-mail: kyo2006@yz.yamagata-u.ac.jp
http://www.eie.yz.yamagata-u.ac.jp/e/
(山形大学電気電子工学科のホームページ)
Topへ戻る