Electrical Engineering
topdepartmenteducationresearchstaffgraduateadmissioninfomationlink
トップページ
arrow
情報エレクトロニクス学科
(平成29年度開設)
arrow 学科紹介
arrow 教育
arrow 研究
arrow 教職員一覧
arrow 卒業後の進路
arrow 入試情報
メニュー
arrow 学科長メッセージ
arrow 受賞・表彰
arrow アドミッションポリシー
arrow 教職員のオフィス
arrow 運営システム
arrow 学科リーフレット
arrow 教員公募
arrow 電情系三学科
arrow 電情系計算機室
arrow 山形大学工学部
arrow 山形大学
 学内向け
arrow 会議室予約
arrow DreamSpark
    (旧MSDN AA)
English page

  教育理念
  学習・教育目標
  教育の特色
  授業計画


電気電子工学科の理念

 電気電子工学科は,産業界や地域社会のリーダーとなる技術者・研究者の育成と高度な研究を通して日本と世界の幸福に貢献することを目的とし,次の3つを学習・教育および研究の理念とする。

  1. 21世紀の高度情報化社会,高齢福祉社会に対応できる,心豊かで総合的な判断力に富む工学技術者ならびに研究者の養成
  2. 人間にやさしく自然と調和した科学技術への貢献
  3. 独創的な新技術の開発と新しい産業の創出


電気電子工学科の学習・教育目標

    FACE to FACE

  1. 教員と学生,学生同士,教職員同士が互いの向上のために本音で向き合う (face to face)
  2. 自立した技術者FACEを目指して,学習・教育目標のFACEを達成する

工学部のページもご参照ください


電気電子工学科の教育の特色

  1. 高度情報化社会の通信、先端電子デバイスから電力・エネルギーまでの電気電子工学分野での教育、研究を通しての社会への貢献を目指します。
  2. 学問分野としては、電磁気学、電気回路、電子物性を基礎学問とし、それを発展・応用した先端電気電子工学を主専攻とします。
  3. 人材養成に関しては、応用力、問題探究力を持ったバイタリティーあふれる技術者、研究者を要請します。
  4. 上記目的を達成するため具体的施策として、
を実施します。


電気電子工学科の授業計画

講義、演習および実験の計画(シラバス)は、こちらからアクセスできます(http://syllabus-web.yamagata-u.ac.jp/)。

授業科目一覧

昼間コース 専門基礎科目&専門科目

1学期(1年前期)
微分積分解法 物理学基礎  
2学期(1年後期)
数学C 化学C 工業数学
3学期(2年前期)
数学I 数学II 物理学I
物理学実験 英語A 電磁気学I及び演習
電気回路I及び演習 電子物性I キャリア形成論
電子物性演習 プログラミング演習I グループプロジェクトI
4学期(2年後期)
数学III 数学IV 物理学II
英語B 電磁気学II及び演習 電気回路II及び演習
電子物性II 環境論 技術者倫理
プログラミング演習II キャリアプラニング
5学期(3年前期)
確率統計学 化学概論 機械システム概論
システム基礎 半導体工学 計算機基礎
電子回路 エネルギー変換 電気電子材料
電気電子英語I 信号処理 電気電子工学実験I
電気法規及び施設管理 IT産業論 電磁波工学
6学期(3年後期)
集積回路 通信システム パワーエレクトロニクス
電力工学 アナログ回路 ディジタル回路
情報通信 制御工学 電気電子英語Ⅱ
電気電子工学実験II グループプロジェクトⅡ
7学期(4年前期)
高分子科学 計測工学 エネルギー輸送
基礎製図 電気電子工学特別講義 電気電子工学実験III
輪講
8学期(4年後期)

※電気法規及び施設管理は隔年開講です.
※学外実習(インターンシップ)は3年次(5学期または6学期)の希望者を対象とします.
※卒業研究は7、8学期を通して行います。


Topへ戻る