toptitle
 学科紹介

 21世紀は生命科学の時代と言われています.ここでは,20世紀の爆発的な発展を遂げた,エレクトロニクスと情報コンピュータが積極的に活用されるようになり,生命体の仕組みが少しずつあきらかになりつつあります.一方,そのすぐれた性質を工学的に利用して,人々の生活に役立てようとする動きが加速しています。
 応用生命システム工学科では,コンピュータやエレクトロニクスを最大限に駆使し、生命システムのすばらしい仕組みを遺伝子や分子レベルから解明・理解すること,そのすぐれた性質を応用してロボット,電子デバイス,ソフトウェアなどのような人工システムを作り出すこと,人体構造を調べて生体機能を回復すること,など多岐にわたる研究を行っています。最終的に,それらのシステムを医療・福祉や疾病予防など,私たちが日々健康に豊かな生活を送れるように役立てることを目指しています。
 電気・情報・機械・生体・医工などの各分野を融合した応用生命システム工学科は,幅広い知識が得られる貴重な場となっています。

                   学科長/専攻長  教授  湯浅 哲也
 学科データ

授与学位: 学士(工学),修士(工学),博士(工学)

入学定員: 60名

在学生数: 340名(学士:283名 修士:53名 博士:4名)

教職員数: 26名 (教員:18名 職員:8名)

所属キャンパス: 山形大学小白川キャンパス(1年生) 

         山形大学米沢キャンパス(2年生 〜 )

 学科パンフレット
こちらから応用生命システム工学科のパンフレットがダウンロードできます。
(PDF形式で、右クリックにてダウンロード。2012年度作成)

山形大学工学部 応用生命システム工学科

電話番号:0238-26-3732(応用生命システム工学科・事務室)               
Emailアドレス.:bsjimu@yz.yamagata-u.ac.jp                    交通アクセス | サイトマップ. | 工学部TOP